2019年の休日について

2018/12/17

本作業は完了しました。休日を適用するには、下記「○休日(祝日)適用するためのカスタマイズ」を実施してください。

平素よりネットde手帳工房をご利用いただき、誠にありがとうございます。
2018年12月14日付の官報(号外第276号)で公布された「天皇の即位の日及び即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律」により、2019年の5月1日と10月22日は休日となります。
また両日は祝日同様に「祝日法」の適用を受けることで、4月30日と5月2日は「国民の休日」となります。

そこで当サービスでは、この4日を休日としてカレンダーに追加する作業を12月18日(10:00~12:00)に実施します。
(サービス停止はありません)

構成要素上の表示は「祝日」と同じ設定となります。
ただし5月1日と10月22日は祝日ではないため祝日名がありませんが、当サービスのカレンダーでは、各々「即位の日」「即位礼正殿の儀」と表示されます。

○対応内容(休日の追加)

 2019年 4月30日:国民の休日
 2019年 5月 1日:即位の日
 2019年 5月 2日:国民の休日
 2019年10月22日:即位礼正殿の儀

尚、休日(祝日)が表示されるカレンダーなど名前が「S」で始まる構成要素を選択しただけでは追加した休日が適用されません。

休日を適用するには、上記作業終了アナウンス後、以下の通りカスタマイズを行う必要があります。
(サンプル手帳、既に作成中の手帳も同様)

○休日(祝日)適用するためのカスタマイズ

 選択した構成要素をカスタマイズして保存すれば、休日(祝日)は適用されます。
標準のまま利用する際、何かしらカスタマイズした後に戻す作業が必要になります。
構成要素別のお薦めのカスタマイズ方法は以下の通りですが、一部例外はあります。

 1)カレンダー、マンスリー、ウィークリー:月曜日始まりを日曜日始まりに変更して保存する。保存後、元に戻す。
 2)デイリー:期間を1週間(または2日)少なくして保存する。保存後、元に戻す。

休日(祝日)が適用できたかどうかはプレビューにてご確認ください。
サイドバーあり