「詳細編集画面」で画像や図を挿入する

 Edition Flex を使うことで、編集欄では対応できない画像の挿入なども可能です。

枠や線を追加したい場合

「作成」タブから追加したいオブジェクト(枠や線)の種類を選択します。

例)長方形を追加

Step4_9_2

画面左端に、選択したオブジェクトのプロパティが表示されます。線の色や太さなどをお好みの内容に変更します。変更が完了したら、「OK」ボタンを押します。

Step4_9_3

「対角の2点をクリックします」という表示がでたら、オブジェクトを追加したい場所をクリックしお好みのサイズに線を伸ばすと、オブジェクトが追加されます。

Step4_9_4

追加したオブジェクトは、再度クリックするとサイズや位置の変更が可能になります。

Step4_9_5

文字を追加したい場合

「作成」タブの「文字」を選択します。画面左端に、文字編集のプロパティが表示されます。プロパティ内の「テキスト:」ボックスに追加したい文字を入力します。 文字の色やフォントなどもお好みの内容に変更可能です。入力が完了したら、「OK」ボタンを押します。

Step4_9_6

「配置する位置をクリックします」という表示がでたら、文字を追加したい場所をクリックします。クリックした位置に文字が追加されます。

Step4_9_7

文字は、再度クリックするとサイズや位置の変更が可能になります。

画像を追加したい場合

「ファイル」タブの「素材アップロード」を選択します。

Step4_9_8

「画像ファイルのアップロード」画面が表示されるので、「参照」ボタンから追加したい画像を選択し、「OK」ボタンを押します。

Step4_9_10

「配置する位置をクリックします」という表示がでたら、画像を追加したい場所をクリックします。クリックした位置に画像が追加されます。

Step4_9_11

画像は、再度クリックするとサイズや位置の変更が可能になります。

Step4_9_12

編集内容の保存

編集が完了したら、「保存」ボタンを押します。「確認」画面が表示されたら「OK」ボタンを押し、編集内容を保存します。

Step4_9_13 Step4_9_14

すべての編集が完了したら、「編集終了」ボタンを押します。「終了確認」画面が表示されたら「保存」ボタンを押し、Step4【構成要素編集】画面に戻ります。

Step4_9_15 Step4_9_16

「カスタマイズのプレビュー」ボタンを押し、Edition Flex画面で編集した内容が反映されているか確認します。

Step4_9_17 Step4_9_18

反映が確認できたら、「カスタマイズの保存」ボタンを押します。※忘れずに必ず「カスタマイズの保存」ボタンを押してください。