PDF、余白などについての注意事項

PDFに関する注意事項

 ワタシメイド手帳では、既成の構成要素以外にもお客さま自身が作られたPDFデータを手帳のページとして活用することができます。方法は次の2つです。

①全ページをPDFで準備する。Step2 で説明します。

②手帳の一部として利用する。これは Step4 で説明します。

 いずれの場合もPDFデータは、手帳のサイズとページ数に合ったものでなければなりません。A5の手帳であれば、ページサイズを210mm×148mm(それぞれ±約1mmまで)としてください。ページ数は後者の場合、2以上(全ページ数ー2)以下の偶数でなければなりません。また上下左右に4mmの余白を見込んでください(次のセクションも参照)。

 なお Adobe Illustrator® などでPDFデータを作成する場合はCMYKで保存してもよく、色数制限もありません。

余白について

 既製の構成要素では紙面の周辺部4mmを余白として、すべてのパーツがそこににかからないようにデザインしています。PDFデータの場合や、構成要素によって利用可能な詳細編集画面でカスタマイズする場合もこれに従う必要があります。
 下図は無地ページを詳細編集画面で表示したものです。内側の四角い枠が余白を考慮した描画領域と勘違いされそうですが、そうではありません。

EC_1

 画面をズームしてルーラーを表示させたのが下の図ですが、手で指し示した角(縦横の目盛りがともに0)が実際の紙面の左上です。ここから4mmの範囲(わかりやすくするために色付けしてあります)が余白になります。余白部分にはみ出して描画すること自体は可能ですが、この図のように切れてしまうのでご注意ください。

EC_2