構成要素のタイプ別カスタマイズ方法

マンスリー型の期間と差し込みデータ設定

①開始と期間

 見開きでひと月のマンスリー型構成要素を例として示しますが、マンスリー型の多くの構成要素に共通のカスタマイズ項目は「開始年月と期間」と「開始曜日」です。

 初期設定は、前者が1月から12か月、後者はカレンダー型とは異なり月曜になっています。ただしマンスリーの「一覧」型は「ついたち始まり」なので開始曜日の設定はありません。

Step4_8_C1

②差込データの設定

 名前に「差込」が付いた項目はカレンダー型には無いもので、これはStep3でアップロードした「差込データ」を印刷するためのものです。差込データをアップロードしていない場合、表示項目は「表示なし」以外の選択はできません。

Step4_8_C2

 プルダウンリストに出てくるのは、差込データ(CSVファイル)の1行目のカテゴリーです。Step3では最大5件のカテゴリーを作成可能と書きましたが、差込できるのは現状ではこのうち4件までとなっていること、悪しからずご了承ください。

 差込データがどこに印刷されるかはプレビュー(PDF)で確認するまでもなく、上図で指し示している「変更を反映」ボタンを押せば、下図のように表示されます。

Step4_8_C3